project

Namegata Farmers Village

なめがたファーマーズヴィレッジ

category
landscape
location
Ibaraki, Japan
date
2015

廃校した小学校を利用した農業体験型テーマパークのランドスケープデザインを担当させて頂きました。 子供達を見守ってきた自然を残しつつ、その記憶の種を土壌に撒き、新しい思いを育むようなランドスケープを提案。施設のエントランスをはじめとする敷地内各地の花畑がお客様をお迎えするように計画しました。また、そこに立つオブジェやポリシーストーンもデザイン。色々なイベントが行えるお芋レンガで作った巨大石窯のある、リアガーデンやさくらカフェのテラスのデザインのほか、校庭のキウイのトンネル、ミニフットサルコートも配置。 また、トラクターツアーに使うトレーラー改造客車のデザインも行いました。さらに、農業体験テーマパークの目玉である収穫のできる和栗の森や畑を耕せるロイヤルファームも担当させていただきました。 農作物を“植える、育てる、魅せる、収穫する“といった施設のテーマを大切にしながら一つ一つのディテールにこだわリ抜きました。景色やシーンを作り、人が集まる木陰をつくる木を植え、空間に潤いができる、訪れた人が夢を持って、農業の未来を担っていこうと思って帰れる、そういった驚き、期待、夢の詰まったランドスケープです。

Renovating a closed elementary school, agriculture theme park was designed. We were in charge of landscape design and construction. Respecting the nature which has nurtured children, we tried to plant the seeds of the land’s memory which can be inherited to the next generation. We created flower fields, sculptures, and a policy stone to welcome visitors. In addition, we designed a rear garden with Sweet Potato oven and terrace for Cherry Café to accommodate various events. Another unique experience was to remodel a trailer to create a passenger car pulled by an agricultural tractor. We were also in charge of the highlights of this park: Japanese chestnuts forests and royal farm where visitors can rent and harvest products. While focusing on the overall theme of the park to “plant, grow, show, harvest” agricultural products, we put attention to every detail. Providing fields where people can enjoy the fertility of land, the landscape we designed provides surprise, expectation and dream for visitors to take responsibility for the future of agriculture.