project

S Residence in Sakyo-ku

左京区S邸

category
landscape
location
Kyoto, Japan
date
2015

各場所の庭に物語があるようにしました。「御所の坪」には京都御所の壺庭「萩壺」をモチーフにし、一本立ちのシダレ桜とムラサ キシキブの象徴的な庭にしました。北の庭にはタマリュウのグラウンドカバーでしっとり 感をだし、ツバキを植えることにより春を待ちわびる冬に華やかさを添えるようにしまし た。入り口付近の里山の庭は昔を思わせるような山に多い木を使い、その隣の額縁の庭に は5 メートルのイロハモミジを植え、建物から見た時、窓枠が額縁のように景色を切り取 るようにしました。三方から見える中庭には年中変わらない緑を竹林と緑のカーペットで 作りました。

We created a residential garden each part of which has a special story. For example, using the small garden "ogitsubo" in Kyoto Imperial Palace as a motif, we createdgosho-no-tsubowith a single weeping cherry tree and Calicarpa japonica. In the norther garden, we created a green carpet with Ophiopogon japonica and planted camellias which bloom in winter. Insatoyama-no-niwa, we used mountain plants. Next to it, we planted a 5-meter Japanese maple which can be framed by the window of a house. In a courtyard, we planted bamboos and green groundcover to provide evergreen scenery all year round.